(簡体)中文

English

日本語 KATO SEIKO CO.,LTD.GROUP

企業方針

お客様からどんな高度な要求をいただいたとしても、それに応えられるメーカーでありたい。そのためには、単にモノを提供するだけでなく、技術サポートを行い、ベストな商品を顧客に提供することが大切です。
 
カトー精工グループは、企業のベストビジネスパートナーとして何ができるか、その永遠のテーマに向かって可能性を追求し続けていきます。
 

ご挨拶


  

1976年創業以来技術開発型企業として、家電製品、自動車関連、エレクトロニクス機器関連、装飾品など、あらゆる分野の器具、部品の取り付けや組立に用いる粘着テープ加工品の開発に努めてまいりました。
 
21世紀に向けて著しく国際化が進む現在、グローバルな視点で新たな用途の開発に臨んでおります。
 
今後も多様化するニーズに応えるための技術とノウハウを駆使し、製造ラインにベストマッチした製品を供給して、常にユーザーの身近な位置にいることを基本とし、産業界の基幹を支えリードすることを目指します。
 


代表取締役社長 加藤慶之

沿革

  

1976年 12月、大阪市東淀川区上新庄に資本金300万円にて設立。
1978年 第1期自動機設備投資、1980年完了。
1983年 資本金を600万円に増資。第2期設備投資、1984年完了。
1984年 東京都江東区福住に東京工場及び営業所を開設。
1987年 名古屋市緑区大高町に名古屋工場及び営業所を開設。
1989年 本社新社屋及び工場建設完成。
1990年 プリンターヘッド用放熱板固定テープの特許取得(実用新案登録第2107521号)。
1992年 8月、本社クリーンルーム完成。
1993年 資本金を1000万円に増資。液晶ディスプレイ組立時TAB固定テープの特許取得(実用新案登録第82110215号)。
1995年    8月、TABフィルム固定用テープの特許取得(実用新案登録第1964020号)。
1996年 6月、相模原工場完成。
1997年    3月、液晶ディスプレイ及びその組立方法の特許取得(実用新案登録第2642061号)。
1998年 3月、名古屋工場拡張。
2002年 1月、ISO9001認定取得。4月、本社新工場拡張。
2005年 7月、蘇州加藤精密電子有限公司設立。11月、福岡営業所開設。
2006年 2月、蘇州工場完成。
2009年 1月、福岡工場完成。
2010年    1月、香港加藤精電有限公司設立。
2011年 1月、ISO9001追加認定、福岡工場含む。
2012年 4月、相模原工場拡張。工場及び営業所の名称を事業所に統一。
2013年    11月、ISO14001認定取得。
2014年 1月、仙台営業所開設。5月、東莞加藤精密電子有限公司設立。
2015年 11月、加藤慶之が社長に就任。